免疫|睡眠は、質の高い最初の90分で決まる

免疫力

まずは寝床にはいってすぐ眠ることができるかで、寝つきが悪いことに悩まされている人も多いことでしょう。

改善するのに一番大事なことは、規則正しい生活がおくれているかどうか、寝床にはいって寝る時間を決めているかどうかです。

すぐ眠ることができるかどうかに大きく影響しているのは、「体温」と「脳」が大きく関係をしています。


入眠時の体温の変化

人間の体温は、起きている時よりも寝ている時の方が体温(深部体温)は低い。

寝ている時は臓器や筋肉、脳を休ませ、体温を下げていきます。


筋肉や内臓により熱を発生させ、手足から熱を発散して温度調節をおこなっています。

手足の温度(皮膚温度)は深部体温とは逆で、寝ている時は温度が高くなっています。


一般的には「深部体温」は「皮膚温度」に比べて2℃ほど高い状態で、その差が眠気に大きく影響しています。

スムーズな入眠にはいるには、「深部体温」と「皮膚温度」の差が縮まると眠くなっていきます。


赤ちゃんの睡眠をみたらわかりますが、眠りはじめると手足が熱くなるのを感じた人も多いことでしょう。

大人にも同じことがからだでおこっており、手足から熱が発散され、そして深部体温が下がっていきます。


入眠時の脳の変化

昼間の活動中には、脳は常に活動モードで興奮をしています。

夜の寝る時も、電気をあかあかとつけていたり、明るいスマホなどを見ている人は脳が活性していて、眠りモードにははいれません。
眠るためには、電気を消す、スマホをみないなどの寝る準備が必要で、脳をリラックスモードにすることが大事です。

参考文献:スタンフォード大学医学部教授・スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所所長 西野精治「スタンフォード式 最高の睡眠」

他にも関連記事として

免疫|日本の睡眠時間は世界最下位ランク

も参考になれば幸いです。

免疫力を維持するには、日々厳しいと感じられる方もおられると思います。
のようなときは、新型コロナウイルス対策で、武漢の病院でも処方されている漢方の田七人参をサプリメントにしてとりやすくした、有機栽培・無農薬の「白井田七」で、手軽にとることもおすすめします。






松本哲也

大学を卒業後、広告会社30年間勤務。営業、制作、業務管理の取締役を経て退職。2012年に有機栽培&無農薬の田七人参「田七堂」、免疫力研究センターを設立。事業のかたわら、整骨院・整体師として年間2000人の施術をおこないつつ、人々のからだとむきあう。その後、からだだけのアプローチでは健康にはなれないと悟り、心理カウンセラーとしてこころへのアプローチをおこなう。有機栽培&無農薬の田七人参の大いなる自然のパワーに惹かれ、こころとからだと自然の完全なる調和を目指して活動を実行中。

松本哲也をフォローする
免疫力 睡眠
免疫力を高める方法 有機栽培 無農薬|田七堂-白井田七

コメント

タイトルとURLをコピーしました