免疫力の改善に「サポニン」

免疫力、更年期障害、肝臓機能の改善に「サポニン」

免疫の向上が期待される栄養素には様々なものがありますが、最近注目なものが「サポニン

ダイズ、茶種子、ブドウの皮などにも少量含まれていますが、古来より漢方薬にはこのサポニンを含むものが多く、去痰薬補気作用などの効能があり、最近の研究では血糖値上昇抑制活性コレステロールの吸収を阻害するなどの効能があることがわかってきました。

またサポニンを多く含むものとして高麗ニンジンなどが知られており、免疫力の向上や病中病後の体力回復、虚弱体質の改善など様々な効能があげられ高価な生薬として利用されてきました。

このように現代の成人病など、多くの方が悩まれる病気に対してサポニンは大変有効であり、中国では漢方医が新型コロナウイルス肺炎の治療法おいて、入院中の軽中度患者および感染疑い者においてサポニンを多く含む田七人参を処方するなど世界的にも注目も高まってきています。

高麗人参より「サポニン」を4倍以上含む「田七人参」

薬用人参として最初に日本に伝えられたのは朝鮮人参または高麗人参で、重い病気にかかっている際の特別な薬として用いられていました。

その後に田七人参は、昭和にはいってから日本に入ってきました。 田七人参は中国から由来しており、田七人参の方が古くから存在し、朝鮮人参または高麗人参のはるか昔から貴重な存在なのです。

漢方薬として田七人参は、栄養価の高い血液のめぐりがよくなるサポニンの含有量が、朝鮮人参または高麗人参の4倍以上も多く含まれています。

心身の滋養強壮、元気ではつらつと生きたい方のために、最近では田七人参を飲む方が急増しています。

中国では、古来より『金不換』と呼ばれるほど

中国では田七人参はよく知られていますが、日本では朝鮮人参または高麗人参が有名でした。
日本では田七人参は、中国の輸出規制によりほとんど知られていなかったのです。
しかし中国の病院や薬局ではほとんどの中医が、どんな患者にも田七人参を処方するほど珍重されています。

田七人参は雲南省・広西省などの高い山に生息し、3年~7年ぐらいをかけて大地の栄養をすべて吸収し、栽培されています。
田七人参を栽培した後の土地は、10年間雑草もはえないぐらいに地中のエネルギーをすべて奪います。そのぐらいの強力な栄養分を、しっかり吸収したパワーをもっています。

サポニン以外にも豊富な有効成分

機能成分としての田七ケトン、有機ゲルマニウム、フラボン配糖体、アセチレン化合物、デンシチン、植物ステロール。栄養成分として、食事ではとりにくいとされるビタミン類、カリウム、鉄分、亜鉛、マグネシウムなど、からだにとって大切なミネラルなどの栄養性成分もバランス良く含まれています。

また田七人参の主成分であるサポニン本来のコレステロールの除去、血栓のもととなる過酸化脂質の生成をおさえる作用、また腸で吸収したブドウ糖が脂肪と合体しないように脂肪の蓄積を抑え、肥満を予防する働きを助ける成分を効率よく摂取できます。

健康にこだわる方に。無農薬・有機農法の「白井田七人参」がおすすめ

「白井田七人参」はここが違います

また成分・濃度にもこだわり、有機田七人参を98%、錠剤とするためのつなぎとして有機玄米を2%のみ配合。

白井田七人参は日本国内で「日本有機認証」を取得し、安全安心な無農薬・有機栽培にこだわって製造しています。

安全性と成分濃度にこだわり高品質な製品をお届けいたします。

お客様の声

北海道在住:50代女性

田七人参はサポニンやアルギニンを多く含みホルモンバランスを整え、私のような更年期障害に良いと友人から紹介されました。
今では有機栽培で無農薬の「白井田七」を毎日飲み続けています。「白井田七」を飲み続けて半年ほど経ちましたが、おかげですこぶる快調です。

東京都在住:60代夫婦

夫婦揃って健康にはとても気を使っています。 日頃から無農薬野菜にこだわったりと、健康には特に注意をはらっています。
食事療法などを取り入れながら、有機栽培&無農薬の田七人参「白井田七」を飲み始め、数日後から気力満ちあふれる毎日を実感しております。
私たちは健康診断をよく気にするタイプですので、引き続き飲み続けてみたいと思います。

福岡県在住:50代男性

お酒が好きで、よく二日酔いにウコンをのんでいましたが、身体検査で肝臓の数値があがる一方で、悩んでいました。
友人に有機栽培&無農薬の田七人参「白井田七」がいいよって聞き、半年ほど飲んでみました。
「白井田七」のおかげで、数値も回復傾向にあり、いまでは体調もすっかりよくなりました。

タイトルとURLをコピーしました