免疫|忙しい現代人はサプリメントもおススメ

サプリメント

免疫力の低下はさまざまな病気を引き起こす原因になりますが、現代人は家庭や仕事で忙しいのも現実。

そういう方は、カラダに必要な栄養素を簡単にサプリメントで補ったり、感染症予防に効果的な食べ物などを積極的に取り入れ、免疫力を高めていきましょう。

免疫力は年齢と共に低下する

そもそも免疫力とは何でしょう。

免疫力とは、カラダを脅かす外敵や、カラダに生じた細菌やウイルスを攻撃・除去してくれる生体防御機能です。

免疫力は、生まれた時は低く、年齢とともに徐々に高まり、20際前後でそのピークを迎えます。

さらに40代では50%、70代では10%まで低下しますので、感染症など病気になるリスクが高まります。

年齢とともに低下するわけですが、不規則な生活習慣などをしていると急激に免疫力は低くなり、病気になりやすくなります。

生活習慣しだいで免疫力を高めることは可能なので、規則正しい生活、バランスの良い食事、適度な運動、質の良い睡眠、体温を高める、ストレスを溜め込まないなどで、免疫力を高めていきましょう。

風邪やインフルエンザなどのウイルスが口や鼻からはいると、粘膜が粘液を分泌してウイルスを外に除去しようと働きで、免疫反応です。

皆さんも経験があるかと思いますが、くしゃみや鼻水、のどの痛くなったりする症状です。

免疫力維持の一番は「うがい」

ウイルスや細菌を防ぐには「うがい」が一番です。

ウイルスの除去はもちろんですが、粘膜を刺激して粘液の分泌量を増やし、乾燥を防いで潤いを持たせてくれるのでとても効果的です。

免疫力アップに大いに期待ができるでしょう。

免疫の高低は、冬など寒い時期など季節要因があるように思われますがそうではありません。

ウイルスに侵され病気になるかどうかは、規則正しい生活ができているかどうかにかかっています。

規則正しい生活とは、日々の食事、睡眠、ストレス、疲労などが行われているかどうかです。

免疫力はカラダを守る自然防御機能で、病気を引き起こすバクテリアやウイルスなどの病原体からカラダを守り、細胞の自然回復を促進してくれます。

なかでも鼻腔の奥にある扁桃腺のアデノイド、リンパ節、脾臓、血管、骨髄、小腸などにあるリンパ管と血流で移動しているリンパ球という感染と戦っている白血球は、免疫力にとってとても大事な役割を担っています。

免疫を高める栄養素をもつサプリメントの摂取

免疫を高める栄養素をいくつかご紹介しましょう。

ビタミンD 骨の健康を促進させて、カルシウムの濃度を調整する。

ビタミンC 疲労回復を促進するのに適しており、エネルギーを補ってくれます。

グルタミン 免疫細胞の70%をしめる腸の健康を保ってくれるアミノ酸でサポートする

亜鉛    免疫細胞の活動をサポートして、細胞の活性化をおこなってkyれる

エキナセア 抗ウイルス作用と抗菌作用により、ストレスの軽減などに期待できる

サポニン  免疫細胞を高める栄養素はいくつもあるが、肝心なのはその成分をカラダ全体に届けてくれる血液&血管がどうなっている

      かが大事。血液をサラサラにして血管をしなやかにしてくれます。

忙しい現代人にとって、サプリメントは手軽に摂れるのでおススメですが、飲むこと自体がストレスになってし

まっては本末店頭です。

粒の大きさ、味、飲む回数なども考慮するとよいでしょう。

おススメは「血液をサラサラにする」のに適した食品をなかなかとれないときに、
ぜひ気軽にとれるサポニンがとれる健康食品・サプリメント、おススメの有機栽培&無農薬の田七人参「白井田七」を活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

免疫力を高めるサプリメント

免疫を高める「サポニン」成分を選ぶ理由

なども参考にしてみてください。

松本哲也

大学を卒業後、広告会社30年間勤務。営業、制作、業務管理の取締役を経て退職。2012年に有機栽培&無農薬の田七人参「田七堂」、免疫力研究センターを設立。事業のかたわら、整骨院・整体師として年間2000人の施術をおこないつつ、人々のからだとむきあう。その後、からだだけのアプローチでは健康にはなれないと悟り、心理カウンセラーとしてこころへのアプローチをおこなう。有機栽培&無農薬の田七人参の大いなる自然のパワーに惹かれ、こころとからだと自然の完全なる調和を目指して活動を実行中。

松本哲也をフォローする
サプリメント 免疫力
免疫力を高める方法 有機栽培 無農薬|田七堂-白井田七

コメント

タイトルとURLをコピーしました